秋田県で入れ歯、総合歯科なら 医療法人あお葉『とし歯科クリニック』

〒010-0917 秋田県秋田市泉中央3丁目10−24

ご予約・変更はお電話で

018-865-1181

018-865-1181menu

入れ歯治療

見た目、予算、要望に
合わせた
入れ歯素材を
お選びいただけます

入れ歯には、素材、機能、見た目などさまざまな種類があり、最近では留め金のない審美性に優れたものもあります。

「いま使っている入れ歯が合わない」「留め金が目立たないものにしたい」など、お悩みのある方はお気軽にご相談ください。症状によっては、ご要望の入れ歯が適さないこともあるので、ほかに適したものをお勧めします。

自分の症状や生活環境、ご要望に合わせ適切な入れ歯を選ぶことで、食事や会話に不自由しない快適な生活を送ってほしいと、とし歯科クリニックは考えています。

とし歯科クリニックでは、秋田県では数少ない
入れ歯治療、『RPD』が受けられます。

入れ歯には
「総入れ歯」と
「部分入れ歯」
があります。

  • 総入れ歯総入れ歯

    総入れ歯

    全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。すべての歯を人工歯によって補います。

  • 部分入れ歯部分入れ歯

    部分入れ歯

    歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

入れ歯の材質

  • ノンクラスプ・デンチャー(自費診療)

    ノンクラスプ・
    デンチャー
    (自費診療)

    従来の入れ歯にあったような金属のバネが無く、半透明の材質で目立たない入れ歯です。硬くないため心地よく装着できます。金属を使用していないので金属アレルギーの方でも安心です。

  • 金属床義歯(自費診療)

    金属床義歯
    (自費診療)

    歯ぐきに触れる部分が金属で作られていて保険適用の入れ歯よりしゃべりやすく、食べ物の温度も伝わりやすいのが特徴です。金属で耐久性に優れており、残っている歯への影響も少ないです。

  • レジン床義歯(保険適用)

    レジン床義歯
    (保険適用)

    歯ぐきに触れる部分がレジン(プラスチック)の入れ歯。食べ物の熱伝導が悪く、強度を保つ必要上、厚く大きめに作るため違和感があったり、しゃべりにくい難点があります。ただ安価で、多くの症例で使用できるメリットがあります。

保険診療の入れ歯の
メリット・デメリットって?

保険診療の入れ歯は、使える素材が決まっています。人工歯と床(しょう:粘膜と接する歯肉の部分)はレジン(プラスチック)でできており、部分入れ歯であれば留め金があります。

保険診療の入れ歯は、自費診療のものには機能性や審美性が劣りますが、日常生活を送るうえで必要最低限の機能性、審美性は満たすことができます。

  • メリット

    • 保険適用のため、低額で作れる
    • 治療期間が、短い
    • レジンなので破損しても修復しやすい
  • デメリット

    • 厚み・重みが出る=違和感がある
    • 食事のときの違和感がでやすい
    • 割れやすい
    • 安定感がない

自費診療(保険外診療)の
入れ歯を
おすすめする理由

  • 金属部分が見えないから 見た目が良くなる

    金属部分が見えないから
    見た目が良くなる

    最近では、留め金のない入れ歯が普及しています。見た目が良くなり、目立ちません。素材には弾力性に優れた素材が使われ、留め金がなくても粘膜に吸着して固定することができます。

  • しゃべりやすくなり食べ物も美味しくなる

    しゃべりやすくなり
    食べ物も美味しくなる

    金属床なら薄い入れ歯を作ることができます。ぴったり装着できるため、食事や会話をしやすくなります。熱伝導率も良く、食べ物の温度を感じ、食事を楽しむこともできます。また、雑菌や汚れがつきにくく、衛生的にも優れています。

  • 時間をかけ、ぴったりの入れ歯が作れます

    時間をかけ、ぴったりの
    入れ歯が作れます

    自費治療なら、保険治療ではできない、幅広い選択肢の中から、素材、機能、見た目などの要望を考慮した、満足できる入れ歯を作ることができます。

とし歯科クリニックでは、
秋田県では数少ない
入れ歯治療、『RPD』
が受けられます。

通常の入れ歯治療をした後に、痛い・噛めない・違和感があるといった症状はありませんか?

とし歯科クリニックでは、入れ歯治療で困っていた諸症状を改善する、RPD(リムーバルパーシャルデンチャー)という秋田県では数少ない「入れ歯治療」を取り入れています。

これらの諸症状の原因は、入れ歯が動いたり歪んだりするからです。RPDは、力学的トラブルを回避するだけでなく、入れ歯に金属(主にチタン)を使用するため、薄くて熱を伝えやすい性質ももっています。つまり、保険の入れ歯とは全く違う次元の快適さが得られます。

RPD(リムーバルパーシャルデンチャー)
と通常の入れ歯の違い

RPDと
通常の入れ歯の違い

  • リムーバルパーシャルデンチャー

    RPD

    RPD

    RPDの最大の特徴は、たゆみや歪み、動きによる痛みや違和感が軽減されるところです。また、噛めないなど通常の入れ歯で感じる症状も改善されます。

    特徴

    • たゆまない、歪まない、動かない
    • 装着後の違和感が少ない
    • 治療費が安値である
    • 治療期間が短い
    • インプラント埋入手術が不必要
    • 歯にかかる負担を回避できる
    • 再治療が比較的容易にできる
  • 保険適用内の

    通常 入れ歯

    通常 入れ歯

    通常の入れ歯は、選ぶ素材や治療によって歪んだり動いたりする症状がでやすく、違和感を感じる時があります。ただしRPDにはない利点があるのも事実です。

    特徴

    • 歪んだり、動いたりしやすい
    • 装着後の違和感がでてしまう
    • 熱を伝えにくい材質もある
    • 厚く大きく作る場合がある
    • 痛みや噛みづらさを感じやすい
    • RPDに比べ修復範囲が狭くて済む

    ※ レジン金属床(保険適用入れ歯)の場合

    ※ レジン金属床(保険適用入れ歯)の場合

ご予約・お問合せ

当院はお電話での予約制です。ご予約以外でも、さまざまなご相談に対応しておりますのでお気軽に。