秋田県で入れ歯、総合歯科なら 医療法人あお葉『とし歯科クリニック』

〒010-0917 秋田県秋田市泉中央3丁目10−24

ご予約・変更はお電話で

018-865-1181

018-865-1181menu
クリニックを受診する前にご確認下さい

オーソモレキュラー療法

オーソモレキュラー
(Orthomolecular)
療法とは

⼈間の身体は、生体恒常性を保ち、病気にならないようにするという強力な自然治癒力を持っています。オーソモレキュラーとは、従来の栄養学とは異なり、栄養素(適切な⾷事やサプリメント・点滴・糖質コントロール)を用いて、私たちの身体を構成する約60兆個の細胞の働きを向上させて、自然治癒力を高め、医学的には証明されない身体の不調を改善すると共に、様々な病気の予防を目的とした医療です。

適切な食事 サプリメント 生活習慣

オーソモレキュラー
療法の進め方

血液検査で血液成分の小さな乱れを発見70項目以上に及ぶ血液検査により、⼀般的な血液検査の基準値とは違う分子整合栄養医学に基づいた基準値で分析します。

身体の細胞レべルの栄養状態を詳しく把握することから始まり、足りない栄養素はその必要量を的確にサプリメント(栄養補助食品)で補給し、多過ぎる分は抑制することで⾝体を健全な状態に導いていきます。最終的にはサプリメントだけに頼らない、日常の食事からの栄養摂取を目標にします。日常の食事や睡眠の改善を試みることで、サプリメントの割合を減らしていきます。

⼈間の身体機能を常に⼀定に保とうとする生体恒常性(ホメオスタシス)は、食事から得られる栄養素により保たれています。栄養素のバランスが崩れていたり偏っていたりすると、細胞レベルの栄養不良が起きてしまい、そのような細胞はやがて病気を引き起こしてしまいます。そこに紫外線や様々な日常のストレスが加わることで起こる酸化(錆び付き)や、糖分や炭水化物の摂り過ぎによる糖化(変性タンパク質)により、シミやシワといった老化が促進されていきます。

また、タンパク質やビタミンは、脳内物質の⽣産や自律神経の調整にも⼤きく関与していることから精神や心のあり⽅にも⼤きく影響していることがわかってきました。当院では生体恒常性を正常なものとなるように導いていきます。

効果・効能

身体の不調(下痢・便秘・蕁麻疹・アレルギー・慢性疲労・睡眠障害など)の改善。身体状態に合わせた食事方法の習得(食事指導による)など。下記「遅延型アレルギー検査」と併用するとより効果的です。

治療に伴う
一般的なリスク・副作用

検査は問診・採血にて行います。採血のリスクはこちらをご参照ください。禁忌はありません。

オーソモレキュラー療法の
オプション(①および②)

①遅延型アレルギー検査

遅延型アレルギーは食べてから数時間から数日後(12時間〜24時間)に発症するアレルギーのことです。アレルギーと⾔っても症状は多岐にわたり『疲労感』『鼻水』『⿐づまり』『下痢』『頭痛』などご自身の弱い部分に発現し、しかも重篤な症状ではないので、気付かないで摂取してしまっています。

まずは、ご自身に反応している食材を検査によって調べ、アレルゲンとなっている食材を特定します。検査結果からアレルギー反応のレベルにより食材の除去を行うかどうかの診断を行います。

通常は、アレルギーのある⾷材の制限で指導されることが多いですが、それだけではこの病態は根本的に改善することはありません。しかし、現実は検査結果により「アレルギー反応のある⾷材を除去すれば治る」という誤解を生み出してきました。単なる食材の除去だけでは治癒しないだけではなく、かえって栄養バランスを崩すなどの弊害を生み出しかねないのです。

遅延型フードアレルギーの起こる原因を明らかにし、腸を正常な状態にし、アレルゲンに対しても反応の出にくい⾝体作りを目指す根本的な治療を⾏うことによって、不必要に⾷材の制限を行わなくても健康な⾝体を維持できるように自己治癒力のバランスを整える方法を提案しています。

効果・効能

遅延型アレルギーの把握、食習慣の見直しによる身体症状・腸内環境の改善など。上記オーソモレキュラー療法と併用するとより効果的です。

治療に伴う
一般的なリスク・副作用

検査は問診・採血にて行います。採血のリスクはこちらをご参照ください。

②NMN点滴療法

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は、米ハーバード大学医学部の研究で若返り効果が発見された次世代のエイジング・ケア療法です。

NMNからヒトの体内で生成されるニコチンアミドアデニンヌクレオチド(NADHおよびNAD+)は体内のエネルギー代謝(ミトコンドリア機能向上)や、サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)などの補因子の役割をはたします。またNMNはDNA修復力を高めることも期待されています。

老化の主な原因にDNAの損傷の蓄積があげられます。NMNには老化を防止するだけではなく若返りを実現する可能性を秘めていると言われ、世界中でさらなる研究が行われています。

NMNは体内の補酵素の1種であり体内でも生成されている物質ですが、加齢に伴い生成量は減少します。

本治療はNMNを点滴導入することにより高濃度のNMNを効率よく体内に取り入れます。

治療内容

NMN 150mgが配合された製剤を点滴します。所要時間はおおよそ20〜40分です。
※1回の治療でも何らかの効果を認めますが、健康維持、老化予防(アンチエイジング)、慢性疲労の回復等が目的の場合、2〜4週間に1度の治療を続けることで効果を維持できます。

効果・効能

エイジング・ケア、ミトコンドリアの活性化、体力増強、代謝亢進、神経細胞の保護、睡眠の質向上(スムーズな入眠、熟睡など)、エストロゲンの上昇、眼精疲労回復、思考や集中力を高める、肌質の改善、など。効果の感じ方には個人差があります。

適応症

  • 老化(エイジングケア):サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させます。
  • 神経疾患:神経疾患の特長である機能障害を回復させます。
  • 糖尿病:血糖値を減少させるインスリンの分泌を改善します。
  • 眼機能:眼の老化に対し有効性があることが期待されます。
  • アルツハイマー病:発症の原因となるアミロイドβの産生を減少させます。
  • 脳血管疾患:老化による血管不全を改善します。
  • 肥満とその合併症:ミトコンドリアが活性されることにより、筋肉・肝臓の機能を改善します。

治療に伴う
一般的なリスク・副作用

注入した部位の血管痛や熱感、赤み、発疹などの症状が出る場合があります。点滴針刺入のリスクはこちらをご参照ください。

未承認医薬品
であることの明示

本製品は未承認医薬品であり、医薬品医療機器等法上の承認を得ておりません。 院内調剤(一部外部委託)として、適法に調剤しています。

国内の承認医薬品等の有無

本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医薬品はありません。

諸外国における
安全性等に関わる情報の明示

主要な欧米各国で承認されている国はありませんが、ワシントン大学医学部を始めとして臨床試験(二重盲検無作為化試験)が開始されています。日本では慶応大学医学部のグループが臨床試験を行い、ヒトに安全に投与可能であると結論づけています。現時点で重大な副作用の報告はありません。

一般的なリスクについて

採血のリスク

採血事故には、針が血管を傷つける事による内出血や血管損傷、神経に触れることにより起こる神経損傷、痛みや緊張感による迷走神経過反射、転倒等が考えられます。また受診者が汚染された針・真空採血菅、消毒薬などで感染症やアレルギー反応を起こす可能性もあります。

点滴針刺入のリスク

不適切な収入部の消毒・挿入操作、不十分なガウンテクニック、挿入部位やカテーテルそのものの汚染によって感染を引き起こすことがあります。また患者さん自身の皮膚の常在菌が増殖し、挿入部位からカテーテルに沿って微生物が侵入しカテーテル感染を引き起こす場合があります。

ご予約・お問合せ

当院はお電話での予約制です。ご予約以外でも、さまざまなご相談に対応しておりますのでお気軽に。